認知症サポーターを育てる会

認知症を暖かく見守るサポーターを多数養成し認知症になっても安心して暮らせる街を作っていくことを目指します。 明日の私のためだから。。。認知症サポーターになってください。

平成29年7月4日認知症サポーター養成講座実施報告

本日は、7月4日に行われた認知症サポーター養成講座の様子をご報告します。

今回の講座は、文京区社会福祉協議会主催、ぞうの耳実施の傾聴ボランティア講習会の中で行われました。

今回は岩田代表が講師として参加いたしました。

写真は講義風景です。



IMG_9497.jpg



IMG_9500.jpg



IMG_9501.jpg



IMG_9503.jpg



IMG_9505.jpg



IMG_9509.jpg


認知症サポーター養成講座を受講してくださった皆さんには、岩田講師より修了証とオレンジリングをお渡ししました。

講座終了後、アンケートと感想を書いていただき、この日の認知症サポーター養成講座は無事終了致しました。


参加してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
これからは、認知症サポーターの一員として、ボランティア活動の場で、また日常生活の中で、この日学んだことを活かしていっていただけたら、と思います。




受講生の声





認知症の方に接する時の心得・・・3つのない ・・・

・驚かせない
・急がせない
・自尊心を傷つけない

そして
具体的な対応7つのポイントは
・まず見守る
・余裕をもって対応する
・声をかけるときは一人で
・後ろから声をかけない
・相手に目線を合わせてやさしい口調で
・おだやかに、はっきりした滑舌で
・相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

認知症の方に接するときには是非、心がけていきたいですね。


毎月行っていた定例講座は、25年度で終了となりました。
今年度からは、皆様のご希望に合わせ、出前講座(出張講座)を中心に講座を行っております。
講座開催のご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

●問い合わせ先 
認知症サポーターを育てる会 代表 岩田優子 
TEL 070-6665-8206
mail ninsuppo@freeml.com




(記事 Y.I)
(記事・編集その他 C.N)





スポンサーサイト

今年もよろしくお願いいたします

早いもので、新しい年が始まり、1月も半ばになりました。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

昨年は、多方面の方々から、講座のご依頼をいただき、講座を開催させていただくことができました。
お世話になりました皆さま、また日頃より、会のサポートをしてくださっている皆さまありがとうございました。

本年も昨年同様、認知症サポーターを育てる会をどうぞよろしくお願いいたします。

                                                                会員一同


ume.png







平成28年8月24日認知症サポーター養成講座終了報告

本日は、8月24日に行われた、傾聴ボランティアを始めたいと思われている方を対象にした認知症サポーター養成講座の様子をご報告致します。

今回の講座は、港区社会福協議会主催の講座です。
当会からは、岩田優子、岩田明香里、永川和子の3名が参加し、講座の進行を務めさせていただきました。

認知症サポーターについて、認知症についての講義が行われ、ビデオも見ていただきました。

また、認知症サポーターとして何ができるかを、参加者の方に考えていただきました。

認知症サポーター養成講座終了後には、傾聴講座も行われました。
講座を受講された後、高齢者施設に傾聴ボランティア実習体験に行き、高齢者を対象にお話しをじっくりと聴かれたそうです。


n20160824w-1.jpg


n20160824w-3.jpg


n20160824w-2.jpg

こちらは、講義風景です。

n20160824w-4.jpg




n20160824w-5.jpg





認知症サポーター養成講座を受講してくださった皆さんには、岩田講師より修了証とオレンジリングをお渡ししました。

講座終了後、アンケートと感想を書いていただき、この日の認知症サポーター養成講座は無事終了致しました。


参加してくださった皆さん、本当にお疲れ様でした。
これからは、認知症サポーターの一員として、それぞれの方の活躍の場で、この日学んだことを活かしていっていただけたら、と思います。




受講生の声
・認知症について知っていることもありましたが、知らない情報もあったので勉強になりました。
・接し方を知らなかったので、対応例を挙げられたことにより不安が減ったという点が変わりました。
・今後周囲を気にし、気になる方がいらっしゃったらサポートしてあげたいと思います。
・前から優しく声掛けをするなど具体例が役に立ちました。
・今後の活動に役立てたいと思います。
・認知症サポーターは認知症の方のためより自分の成長のためにあると思いました。
・身近に認知症の方はいないのですが大変勉強になりました。
・改めて認知症サポーター・傾聴の大切さを感じました。
・できるだけ身近に話ができる人がいることが大切だと思いました。社会の中ではまだ認知度が低いと思いました。
・少しは知っているつもりでしたが、最新のことを知ることができて良かったと思います。思い違いをしている事柄もあったので、まず考えることの大切さを充分知ることができました。
・今までの認識の甘さを反省しました。
・対応の仕方は一通りではないことがわかりました。
・先入観をなるべく持たず、相手のその時の気持ちを汲み取る努力が必要だと思いました。
・気負わず積極的な気持ちで活動できるような気がします。
・傾聴については、とても楽しく講座を受けることができました。
・すべてのことに役立つと思うので参加して良かったと思います。
・身近に認知症の方がいるので、本日の講座の内容は大変わかりやすく勉強になりました。
・家でよく復習して体験に臨みたいと思います。
・色々と勉強になりました。





認知症の方に接する時の心得・・・3つのない ・・・

・驚かせない
・急がせない
・自尊心を傷つけない

そして
具体的な対応7つのポイントは
・まず見守る
・余裕をもって対応する
・声をかけるときは一人で
・後ろから声をかけない
・相手に目線を合わせてやさしい口調で
・おだやかに、はっきりした滑舌で
・相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する

認知症の方に接するときには是非、心がけていきたいですね。


毎月行っていた定例講座は、25年度で終了となりました。
今年度からは、皆様のご希望に合わせ、出前講座(出張講座)を中心に講座を行っております。
講座開催のご希望などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

●問い合わせ先 
認知症サポーターを育てる会 代表 岩田優子 
TEL 070-6665-8206
mail ninsuppo@freeml.com





(記事 Y.I)
(記事・編集その他 C.N)

 | HOME |  »

Facebook

アルバム1

アルバム1

アルバム1-2

アルバム1-2

とうきょう認知症ナビ

厚生省 認知症サポーターキャラバン

こころの耳

働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
(社)日本産業カウンセラー協会が運営する「こころの耳」のページです。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
ポンスタン